脱毛は家庭用脱毛器でしてます

ムダ毛の処理というと剃るか脱毛かになると思うんですが、私は脱毛で処理してます。

主な理由は剃った場合すぐ毛が生えてくる、しかも太く濃くなって生えてくるので手入れを頻繁にしなくてはいけない、また頻繁にするから肌もいためやすいっていうのがネックでした。

その点脱毛だと一度処理するとなかなか生えてきませんし、生えてきても毛先が細いのでそれほど目立たないのが良いです。

ただ、毛を抜く時肌に相当なダメージを与えるので肌荒れや炎症を起こしてしまうというデメリットもありました。

1脱毛したい部分は広範囲だったので、家庭用脱毛器ソイエを買ってみた。
処理したい部分がワキだけじゃなく腕や足など広範囲だったので、毛抜きで地味に抜くのは絶望的だったので、家庭用脱毛器を使ってみました。

私が最初に買ったのは家庭用脱毛器のソイエです。

これを買ったのは10年以上前で、型番はES2024というものです。

どういうタイプかというと、形状はヒゲ剃りを可愛らしくしたような形をしていて、先端の毛をはさむ部分が高速回転して毛を挟んでは抜いていく、これを自動でするって感じです。

原理としては毛抜きで脱毛をしていくって感じです。ただ、それを自動でできるってことと、広範囲を処理できる分便利ってぐらいで、脱毛時は結構痛いです。

2実際に使ってみて感じた不満点
不満点というと、まず痛みですね。手で抜く場合は一本ずつなのと丁寧に抜くのでチクっとする程度ですが、機械で雑に抜いていく分痛みも手でするよりあります。

次に、肌荒れや炎症です。

脱毛後は肌が赤く炎症を起こしたりします。一日たてば元通りにはなるので就寝前にすると翌日にはスッキリ状態ですが、外出前にしてしまうと赤くなってるのがわかってしまいます。服で隠せる場所ならいいですが、人目につきやすい場所だとキツいです。

そして埋没毛です。

埋没毛というのは、脱毛した後に生えてくる毛が毛穴から出れずに皮膚の下に埋まってしまう毛のことです。

こうなってしまうと自力では毛穴から出れず、結構目立ってしまいます。

これを治すには埋没毛を毛抜きで無理やり外に引っ張りだしてあげるしか方法はありません。

3違う家庭用脱毛器を購入した
より脱毛効果の高いものはないかと思い、最近新たに家庭用脱毛器ケノンを購入しました。

ソイエは毛を抜いて脱毛していくものですが、ケノンはフラッシュ脱毛を家庭でする機械です。

毛根に直接ダメージを与えるので、脱毛効果は高く脱毛エステ等でもよく行われる方法のものです。

欠点としては脱毛効果も高いんですが、光を照射できる面積が小さくワキなどの局部に使うなら有効なんですが、広い範囲の脱毛は結構大変だと感じました。

4今は両方使い分けて脱毛をしてます。
ケノンは脱毛効果が高く、特に毛の濃い部分にはとても有効でワキとヒゲに使ってます。ここなら脱毛範囲も狭いですしケノンがちょうど良い感じです。

ソイエは腕や足といった広範囲で毛がそれほど濃くない部分にはちょうどいい感じです。

今はこんな感じで脱毛箇所によって家庭用脱毛器を使い分けて脱毛を行ってます。

M字ハゲに苦しむ旦那と励ます私

旦那がハゲてきています・・。有名なチャップアップという育毛剤を使って必死に育毛対策をしているのですが、少し髪の毛が増えたような感じがします。毎日のように、髪の毛増えてきているか?と聞いてきます。ちょっと面倒臭いのですが、本人はものすごく薄毛を気にしているので、仕方がないのかなと思います。
(参考サイト)チャップアップ 効果

毎日聞かれてもそんなに変化はわかりませんが、とりあえず「ちょっと増えているみたい」と言うと、満足している感じです。旦那が気にするほど周りの人たちは、旦那の頭を見ていないと思うのですが、育毛サプリを飲んだり、血行を良くするために頭皮マッサージをしたり、頑張っているんですよね。

30代なのにM字ハゲは辛いと思いますが、何をしてもダメだったらキッパリと諦めてハゲでも自信を持って生活をしていってほしいと思います。きっと旦那の性格からは堂々とすることは無理だと思いますが・・。毎日薄毛を気にしている旦那がかわいそうだなと思ってしまいます。

脱毛をして無駄毛処理から解放されて肌に自信が持てるようになりました

脱毛をして本当に良かった点といえば、面倒で仕方がなかった無駄毛の自己処理からすっかり解放された点です。

以前は毛抜きを使ったりかみそりを使ってこまめに自己処理をする手間があり、非常に面倒で困っていましたが、脱毛を始めてからは段々と無駄毛処理をするペースも抑えられるようになり、以前ほど目立つ太い毛が生えてこなくなったので大変助かっています。

脱毛といえば痛そうなイメージや、やや敏感肌な自分にとっては刺激が強そうで肌に悪そうなイメージを抱いていたのですが、実際施術を受けてみると全くの真逆だったので驚いてしまいました。

私は脱毛サロン 大分を利用していますが、肌を丁寧によく冷却してもらってから優しく光を当ててもらうだけでお手入れすることが出来、一切肌をつまんだり引っ張ったりすることもなくお手入れしてくれるので、脇やVラインなど非常に剛毛なパーツですがほぼ無痛でした。

毛抜きを使ったりかみそりを使う手入れは色素沈着や埋没毛といったリスクも招きやすいのですが、脱毛をしておけば非常に肌に優しく安心です。

以前ならばノースリーブの洋服や綺麗なランジェリーなど着たくても肌が汚くて自信が持てませんでしたが、脱毛してからはタンクトップやキャミワンピなど着ることも増えて、おしゃれも楽しめています。

無駄毛処理をこまめに自分で行うのは非常に大変なので、脱毛をしておくと毎日楽に過ごせます。

ボロボロになった時に見ると元気がでる「聖闘士星矢」

私がおすすめするアニメは、聖闘士星矢です。

なぜかというと、主人公「星矢」がやられても、ボロボロになっても何度でも敵に立ち向かっていく姿に元気がもらえるからです。

「聖闘士星矢」とは、「聖衣(クロス)」と呼ばれるプロテクターのような装備を身につけた聖闘士(セイント)と呼ばれる戦士の戦いの物語です。

セイントは、女神アテナを守護し、この世に邪悪がはびこると必ず現れるといわれる存在です。

主人公「星矢」は、セイントの聖地ギリシャで過酷な修行を受け、ペガサスのクロスを授かり、アテナを守るセイントとして活躍します。

星座の趣向を凝らしたクロスや、ギリシア神話をモチーフにした物語は、神秘性があって、物語の中に引き込まれていきます。

出現する敵も、身にまとうクロスの強度から、ブロンズセイント、シルバーセイント、ゴールドセイント等次々に強敵が現れます。

主人公「星矢」は、物語が進むにつれ、ドラゴンのクロスを身にまとう紫龍、アンドロメダの瞬、キグナスの氷河、フェニックスの一輝といった仲間と合流し、共に強敵と戦っていきます。

主人公「星矢」は、毎回敵の攻撃を受けてボロボロにやられます。もう倒されてしまうのではないだろうかと思うときに、いつも星矢は自分自身の中のコスモを高めて、必殺技のペガサス流星拳を繰り出して敵を倒します。

星矢が滅多打ちにあっているシーンでは胸が痛くなってしまいますが、いつも最後まであきらめない星矢の姿には感動します。 

心がつらくなったときに見ると、元気をくれるアニメです。

アニメの聖闘士星矢には色々なシリーズがあって、フールーでは、ゴールド聖闘士シリーズが配信されていますよ。